犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

礼に始まり礼に…終わらない☆挨拶を止めるタイミング

 

着物を着て、三つ指ついてお辞儀をすると気持ちが浄化されるようだと前言ったかもしれないけど、やっぱりなんでも適度ってもんがある。

 

今日は日舞の勉強会(発表会のようなもの)のリハーサルがあったんだけど、まぁとにかく新参者の私は三つ指つきまくり。

普段は先生と私の前後に稽古を受けているお弟子さんとしか顔を合わせないのだが、今日は他のお弟子さんとか三味線弾く人とか歌唄う人とか、とにかく知らない人が沢山いらしていた。

 

 

諸先輩方に挨拶しないとか伝統芸能の世界ではありえない。

いや、どこの世界でもありえないんだけども、

とりあえず目に入る人全て大先輩だということにしてご挨拶しておけば間違いはないだろう。

 

 

ということで、三つ指感謝デー開催決定。

一に三つ指

ニに三つ指

三四がなくて五に三つ指。

人間が目に入ったらとにかく我先にと三つ指つくべし!!

 

 

 

見学の方にまで

「Meちゃんと申します。どうぞよろしくお願いいたします」

って乱発してたっぽいけどそれでもOK。

 

大抵の方は私が挨拶すると同じように返してくれて、とても気持ちが良かった。

 

 

ただお一人、田中さん(仮名 山村紅葉に激似)とは、どうもうまく意思疎通ができませんで。

 

なんというか、タイミング?引き際?

何かしらがお互い欠けているらしく

いつまでたってもお辞儀のしあいが終わんねーの。

 

「Meちゃんと申します」ペコリ

「田中と申します」ペコリ

「ご挨拶が遅れまして失礼しました」ペコリ

「いえいえ、今日はよろしく」ペコリ

「こちらこそよろしくお願い致します」ペコリ

「初めての勉強会?どうぞ頑張ってくださいね」ペコリ

「ありがとうございます」ペコリ

「いえいえこちらこそ…」

 

ってエンドレス。

 

しかも田中さん、ズイズイッと前ににじり出てきてくれたもんだから、お互いの顔ずらさないと絶対ぶつかるっていうくらい距離が近い。

 

部屋の隅で浴衣姿のおばさん二人、床に額擦り付けあってまるでイタコの儀式みたい。

 

ちなみに本番は私と田中さん、一緒に踊ります。

デュオです、DUO。

 

コンビ名は "THE イタコーズ"

近日デビュー、乞うご期待!