犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

弾丸日帰り福岡ツアー

 

昨日は1日の移動距離、約1800キロという猛烈に忙しい日だった。

 

福岡在住のパパの妹さんの結婚が決まってから、お式出席のため福岡に行くことに関して、あぁでもないこぅでもないとパパと相談してきたけれども、結局ぼんちゃんだけならともかくさえちゃんをペットホテルや獣医さんに預けるのは今の彼女には精神的負担が大きすぎるだろうということや、1号2号が試験期間中なことを考えて、お式には私とパパで出席して私だけその日のうちに東京の自宅に戻ることにした。

 

1号2号にワンコたちとてっちゃんを託し、朝早くに私とパパは家を出たのだが、最寄駅から羽田空港に向けて5駅ほど進んだ時にパパが突然

「ハッ!」

とか言って固まった。

 

私この「ハッ」大嫌い。

今まで何度これに悩まされてきたことか。

 

パパは何を隠そう、ものすっっっごくうっかりが多い。

  • ある大雪の日に海外出張に行かなくてはならなくなり、雪道を運転した事がない私は冷や汗タラタラ流しながらやっとの思いで彼を駅まで送り届けて這うような運転で命からがら家に戻ったのに、車庫に入れた途端「パスポート忘れたからもう一回駅まで来て」
  • 成田エクスプレスの中にスーツケース一個置きっ放しにして、空港職員さんが走り回ってくれて出発前までにギリギリ届けてくれた(本当に申し訳ない)
  • 酔っ払って通勤カバン丸ごとをどこかに落としてきた
  • 社員証をケースごと近所に落としたらしく拾った親切な方がご連絡くださり、後日菓子折りとともに受け取りに行った
  • 酔っ払った翌日肋骨が折れていた

 

などなど。

今回は「お財布とかスーツケースの鍵とか貴重品を入れたバッグを家に置いてきちゃった」らしい。

 

 

 

またか。

もう、あなたは必要なもの全部常に首からぶら下げとけ

と心の中で思いつつ

 

「お財布は私のがあるから大丈夫。スーツケース(お式で着るスーツが入っている)は向こうに着いたら鍵を壊せばいいから」

とこのまま電車に乗り続けることを説得しようとした。

 

が、パパは

「いや、今から家に戻る!」

「ギリギリ間に合うはずだから!」

とかなんとか言って私の意見なんて聞きやしない。

 

電車の中で大きな声出したくもなかったので彼の好きなようにすればいいと半ば呆れながら彼のスーツケースを引き受け、次の駅で走って降りていった彼の背中を見送った。

 

で、どうなったか簡潔にいうと

「やっぱり飛行機に間に合わなくなるから諦めるー😜」

って言って途中でまた降りて、とんぼ返り。手ぶらのまま搭乗締め切り直前に空港に滑り込みセーフ。

 

 

本当にさ!あなたさ!(ピーーーー)!!!

 

 

無事に飛行機に乗り、機内では大の飛行機嫌いの私に何かと気を使ってくれていたけど、はっきり言って私のことより自分の心配しろよっつー話ですよ。

スーツケースの鍵、万が一開けられなかったらどうすんの?お式で何着るの?

そうだ。

私は事前に会場に着物送ってあるから、今私が着てる黒いワンピース着ればいいと思うよ。

それか、私の黒留袖着てくれてもいいし。

そのくらい痛い思いした方が今後のためにはいいんだゎ!ふんっ!

 

↓義妹さん、とってもお綺麗✨の横は…💢

f:id:bunbukuchagaman:20181022065953j:image

 

結局、鍵を開けてくれる業者さんがギリギリお式前に見つかり無事ことなきを得てしまった。

 

こんな感じで必要以上にバタバタした弾丸日帰り福岡ツアーも終了。

ヘトヘトで深夜、家にたどり着いて迎えてくれたのは癒しのペットたち。

 

↓ちゃんといい子にしてたよー

f:id:bunbukuchagaman:20181021170805j:image

 

一気に疲れが吹っ飛びますなー😊

ペットちゃんたちがいなければ今の私たち家族はないよ。

ありがとう、ペットちゃんたち。