犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

性格が正反対の犬2匹

 

言っちゃなんですけどぉ、今までは私がこの家族のヒエラルキーの頂点に君臨してたんですよぉ。

みんな私の言うこと聞いてりゃ間違いないからぁ、何をするにも私に指示を仰いで来たわけー。

私に出来ないことはなかったしぃ、失敗することもなかったわけー。

家族にとって私は完璧無欠の女帝だったのよぉ………

……さえちゃんが来るまでは。

 

それが今じゃどうよ。

一気にヒエラルキーの最下層。

さえ様のご機嫌とりに邁進する毎日ですよ。

足も触らせてもらえなければハグもさせてもらえない。

みんなの言うことは聞くのに、私が何か言うとめっちゃ反抗してくる。

痒いからかけって言うからかいて差し上げたら

「かき方が悪い!ガゥッ!」

って、骨砕かれそうになるし。

目と目を合わせることすらできないって、もはや古代ギリシャ神話でしか聞かないような事態ですよ?もう平成終わるしここ日本だよ。

 

これから心の中でメドゥーサって呼んでやる。

 

 

そんなメドゥ…さえちゃんだけど、一瞬だけ私にも他の家族同様、心を開いてくれる時がある。

それは、私が帰宅した時。

 

この時ばかりは玄関のドアを私が開けると同時に駆け寄ってきて飛びついて顔を舐め回してくれる。

 

もうね、気分はスターを取ったマリオブラザーズですよ。

THE ボーナスタイム。

 

ここぞとばかりにハグハグ!ハグハグ!

心ゆくまで足の裏ムニムニ!ムニムニ!

顔を首あたりに埋めてモフモフ!モフモフ!

この瞬間だけは何をしても許されるのだ!

 

でも気をつけていないとこのボーナスタイム案外短いもんで、さえちゃんの気持ちが冷めちゃってるのに気付かず調子に乗り続けると

「しつこいんじゃー!ガゥッ!」

ってまた噛みつかれちゃう。

 

ほんっと気難しいお嬢さんだこと。

でもいつか振り向かせてみせるから待っているがいいんだわよ、さえちゃん!

 

そんな難しい乙女の横で天真爛漫なぼんちゃんは無邪気に遊び続けるのだが、昨晩はお疲れだったのかしら、遊んでると思ったら突然電池が切れたようにパタッと寝ちゃった。

人間の子供と一緒で、かわゆいんだからー😍