犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

銀座でディナーからのぉ、静寂の中の鼻炎

 

日舞の先生のリサイタルを観に行く為、夜、両親と銀座に行ってきた。

両親とお出かけなんて何年ぶりですかねぇ?

せっかくの銀座、せっかくの人のお財布っつーことで両親と落ち合った直後から父の耳元で

 

「ザーギンでシースー🍣」

「ザーギンでシースー🍣」

 

と唱え続けてみたところ、降りてきた。お寿司の神様。

父のお目当てのイタリアンがたまたま閉まっておりまして、代わりに "築地青空三代目http://aozora3.jp" という今1番ナウいと巷で噂のシャレオツなお店に連れて行ってもらえちゃった。

恐るべし呪文の力。言ってみるもんだ。

 

私たちが頼んだのは "最強の三代目" 、

お寿司10貫+なんでも好きなもの1貫+お口直し?の1品。

f:id:bunbukuchagaman:20181030222433j:image

 

f:id:bunbukuchagaman:20181030204307j:image

f:id:bunbukuchagaman:20181030204311j:image

f:id:bunbukuchagaman:20181030204326j:image

 

パパンありがとう、たいへん美味しゅうございました。

次はザーギンでチーフレンなんてどうっすか?

お誘いお待ちしておりますよー。

 

 

 

おいしいお寿司にお酒でお腹が満たされた状態で訪れた先生のリサイタル、私の心をガシッと鷲掴みにしたのは美しい舞でも音楽でも着物でもなく、隣に座った母の鼻。

 

ホールのぴんと張り詰めた空気の中に響き渡る、

 

すぴー♪♪

すぴー...♪*゚

すぴー🎶

 

という場違いな間の抜けた音。

寝ちゃったのか?と思い横を見ても目はしっかり開いている。

ぱっちり開いた目と真剣な顔と、あまりに不釣り合いなスピスピ音。

本人は耳が悪いのかただ鈍いだけなのか、全く音に気がついていないというミラクルも手伝い、これっぽっちも遠慮のない鼻呼吸のおかげで鼻の中に篠笛でも仕込んでんじゃないかと思っちゃう程の軽いお祭り状態。

 

私のアレルギー性鼻炎は間違いなくここから来てるんだなぁ…なんてDNAの偉大さを認識させられるけど、今はいいお薬ありますからね?点鼻薬使えば一発で鼻なんて通っちゃうんだから。

私のカバンには常にお気に入りの点鼻薬が常備されているので、母にも勧めてみたんだけど

 

「すぴー♪…くしゃみが止まらなくなると困るから…すぴー♪いらない(`・ω・´)キリッ…すぴー♪」

 

と拒否られた。

起こるかもしれないけど悲劇より今起きている惨劇に対処した方がいいんじゃないっすか?と言いたい気もしたけど、本当にくしゃみが止まらなくなった状況を想像したら面白すぎて、あまり強く言えなくなっちゃった。

 

 

 

ここらへんが同じくアレルギー性鼻炎で点鼻薬嫌いの1号と同じなんだよなぁ…。点鼻薬なんて慣れちゃえばなんてことないのに毛嫌いするところ辺り、立派に隔世遺伝してる。

もぅ、変なとこばっかり遺伝しちゃうんだから(¯―¯٥)

近くの席の方々ごめんなさいねーと思って周りを見回してみたけどご高齢の方々ばかりで、全く気にしていなかったようで先生の舞に、食い入るように見入っていらっしゃいました。

良かった良かった。

 

セミリタイアして悠々自適の毎日を送る両親はバレエを観に行ったりピアノのリサイタル聴きに行ったり楽しんでいるようなので、私もこれからはぜひ!お誘いくださいませねー!ママーン、次回会った時まだスピスピしてたら容赦せず鼻に薬噴射しちゃうからねー。

 

またまたワンコに関係がない内容で申し訳ない。最後に画像をどうぞ(= ・ω・)っ

↓帰宅を待ってくれるぼんちゃん。

f:id:bunbukuchagaman:20181030221136j:image