犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

中二病とブランド品

 

まず最初に。

ご年配の方には聞き馴染みのないであろう「中二病」とはなんぞや、っていうのをご説明しておきたい。

 

中二病(ちゅうにびょう)とは、中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。

Wikipediaより

 

以上を踏まえての今日の話。

 

我が1号2号もこの中二病の好発年齢の真っ最中なんだけど、幸い今のところそこまで2人は発症していないもよう。

だが、2人の友達の間ではかなり感染が広がっているようで、1号2号からたまに

「〇〇ちゃんがね、こう言ってた」

って話してくれるのだが、聞いているこっちの方がこっぱずかしくなる。

 

ex.

「今度お父様の会社のパーティに出席しないといけないからドレスを新調しないと」

 

「お父様がね、"お前ももう中学生なんだからブランドのバッグくらい持っていないと" って言うの」

 

「うちにね、贈り物の蟹が溢れていて。消費するのが大変!」

 

などなど。

 

ウヒー!

たすけてー!

全身トリハダ立っちゃうよー!

 

 

そのうち

「私には産まれる前から決められた許嫁がいて…」

とか

「婆やに毎朝着替えを手伝ってもらっているの」

とか言い出すんじゃないの?

 

ご通学は白馬ですかー?

寝巻きはネグリジェですかー?

パンがなければケーキ食べればいいじゃないってかー?

 

聞いていて恥ずかしい反面、ちょっと微笑ましくもあったりする中二病発言。

私も覚えていないけど、当時は少なからず病んでいたのかな(*´ω`*)

 

ところで、そんなお嬢様系のご学友に囲まれているもんだから、1号が最近

"高級な物=良いもの=欲しい"

みたいな考えになってきちゃっているのがちょっと気になるところ。

この間1,000円のリップをねだられたのもおそらくお友達の影響だろう。

 

はっきり言って私はアンチブランド品。

ブランド名のタグが付くだけで、同じ価値の他の商品よりずっと値段が高くなっているのに、あえてそれ買う必要ある?

私だったら同じ価値のタグ無しの物を安く買いたいけどね。

モノの真価を見極めて、お金は大事に使っていただきたいものですな。

 

どうしてもそのブランドのロゴのデザインが好きで付いていなくちゃイヤ!とか言うのであればしょうがないんだろうけど、1号2号には欲しいなら自分で働いて収入を得るようになってから自力で買ってもらいたいと思う。

誰かに買ってもらってそれを見せびらかすような女性にはなって欲しくないな…

 

と、言う訳で。

もうすぐクリスマスでプレゼントを用意しなくちゃいけないけど、無駄に高価な物は買いませんよ?

私は漫画が大好きな1号ちゃんには英語版DEATHNOTEとかどうかと思うんだけど、どうでしょう?

クリスマスっぽくなくて嫌がられるかしら。

物語も楽しめる上に英語の勉強になって一石二鳥じゃん。

これ読んで英検1級頑張ってください。