犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

レースのカーテンの重要性

 

犬を飼うって、本当に大変。

特に子犬から飼うと、次から次へとイタズラされて家が壊されていく。

(それ以上にもたらしてくれる喜びとか幸せの方がずっと大きいからいいんだけどね)

 

以前ロールカーテンをぼんちゃんに壊されたので、代わりに窓にフィルムを貼ったっていう日記を書いたけど

 

先日帰宅したところ今度はワンコ達がレースのカーテンに絡まって、ちょっとしたシルク・ドゥ・ソレイユを繰り広げていた。

 

 

f:id:bunbukuchagaman:20190201164711j:image

 

f:id:bunbukuchagaman:20190201164724j:image

 

f:id:bunbukuchagaman:20190201202936j:image

 

まぁね、レースのカーテンなんて人間の

 

「道行く人に生活は見られたくないけども、日光は取り入れたい」

 

という自分勝手な発想からぶら下げているものだからね。

見られて恥ずかしいものなんてないであろう犬にとっては、いい感じにふわふわ揺れるおもちゃでしかないわな。

 

むしろ道行く全ての人に吠えかかりたいさえちゃんぼんちゃんにとっては邪魔だったんでしょうね。

それならとっぱらってあげましょう、と言ってあげたいところなんだけども、いざレースのカーテンがない暮らしに挑戦してみたら、

 

めっちゃ落ち着かない(((;°Д°;)))

 

道行く人とたまに目が合っちゃったりすると、あっちもあからさまにびっくりした顔されるけど、こっちも予想以上にびっくりするので寿命が縮まる。

 

お互いにギョッ。

 

で、なんかお見苦しいものお見せしちゃってすいません…みたいな罪悪感に苛まれるし。

 

あんなに薄っぺらい布1枚あるかないかで、こんなにも精神的ダメージを受けようとは思わなんだ。

レース、恐るべし。

 

レースのカーテンなし生活はわずか数時間で挫折し、現在注文中の新しいものが届くまで我が家はシャッター下ろしっぱなし。

これはこれで全く日光が入らず病んでしまいそうなんだけど、しょうがない。

早く届きますように!

 

 

ちなみに、次に壊されそうだなと私が睨んでいるのはリビングのドア。

ワンコ達が出たり入ったりする度に、ドアノブ付近が削れていっている…(・ω・;#)

 

さえちゃん、ぼんちゃん、

あなた達可愛く生まれて良かったね。

可愛くなければ今頃鼻フックの刑に処されているところだわよ。