犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

犬の下の世話

 

我が家のアイドル犬、ぼんちゃんのおなかの調子が最近よくない。

 

人間がおなかを下した場合と違って、当然ワンコは便器に座って用を足すことが出来ないから、人間が世話をしてあげなくちゃいけないわけで、すなわち、

 

ぼんちゃんのおなかがぴっぴ=掃除のエグさが増加=トイレシートの交換頻度が増える

 

という図式が成り立つ。

 

ただでさえ出来ることならしたくない下の世話。

おなかの具合がよろしくないと、臭さも増すし、うら若き乙女はやりたくないよねー

 

って気持ちはわかるけど、日頃ぼんちゃんを溺愛しているはずの1号2号の犬用トイレからの目の外し方が、ぼんちゃんがおなかぴっぴになってから半端ない。

 

でもね!

ぼんちゃんが普段私たちにもたらしてくれる喜びに比べたら!

下の世話くらいむしろ「はい喜んで!」の勢いでやらせて頂きたいと私なんかは思うんですけど!

 

ぴっぴがトイレにしてあるのを目にしてしまったが最後、気がついた人が掃除をしなくてはならない暗黙のルールがあるので、トイレが置いてあるリビングにいる時の1号2号の緊張感ったらない。

 

まず首の可動域が狭くなりすぎ。

 

リビングに入れば匂いから直ぐにぴっぴ警報に気づくはずなのに、不自然に首が進行方向にしか向かない。

ちょっと振り向けばブツがバッチリ目に入るはずなのに、お前は出来損ないのアンドロイドか💢って言うくらい進行方向しか見ない。

 

あと、居場所も不自然。

ダイニングテーブルに向かうと絶対にブツに気が付かない訳はない位置にトイレがあるので、ソファで飲食をする。

 

そこまで?

そこまでしても掃除したくないのか?

匂い我慢して食事する方がよっぽど私からすると気持ち悪いんですけど。

 

で、

こりゃダメだ、と私が掃除を始めると

「あれー?ぴっぴしてたぁ?気づかなかったごっめーん٩(๑>؂<๑)」

とか言いながら

「ぼんちゃーん、おなかぴっぴ、かわいちょーねー( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)」

ってぼんちゃんナデナデする。

 

ぼんちゃーん

本当に愛情を注いでいるのはママですよー

オナゴは演技が上手いですからねー

騙されちゃダメよー

 

で、こうして皆様が嫌がる掃除をする私を見てさえちゃんが

「やっぱりこいつが家族の最下層か( ˙꒳​˙ )フムフム…」

ってさらに見下してきて、気にくわないことがあると噛み付いてくるのですよ。

 

くぅー

やるせない。

母親業とは本当に切ないものよのぉ(T_T)