犬まみれ

三度の飯より犬が好き

MENU

どっちが大事?偏差値orトーク力

 

私が通っている教会(あんまり行けていないけど)は、毎週牧師さんや教会員や学校の先生などお話の上手な方たちが交代で聖書やキリスト教に関係した面白いお話をしてくれる。

 

これが楽しみで(都合がつく時は)教会に足を運んでいると言っても過言ではないくらい、皆さんお話が上手。

決して説教じみたことは言わず、時に実体験、時に聖書の中のお話などをしてくれて、聞いていると時間かあっという間に過ぎてしまう。

子供の頃は大人の話を聞く機会はたくさんあったけど、この歳になって誰かのお話を楽しみにするってなんかちょっと新鮮(*´ω`*)

 

子供には「勉強しなさい」とか「将来のためにいい大学に行きなさい」とかついつい言ってしまうけど、結局のところテストの点数だとか知識の量とかよりも大人になってから大事になってくるのは『トーク力』とか他人を惹きつける『コミュニケーション力』なのかな、と教会の方々を見ていると思う。

 

おそらく、世間一般からしたら所謂偏差値の高い一流大学を卒業した人ばかりではないと思うんだけど、みんなお話が上手でずっと会話していたいなと思っちゃうほど魅力的な人ばかり。

 

だから地域の人達からも慕われているし子供たちも懐いているし、周りに自然と人が集まってくる。

 

いくらテストでいい点が取れる人でも、話をしていて楽しくなければ一緒にいたいとか、何かを一緒に成し遂げようとか思わないもんね。

社会に出たら知識よりもトーク力が大事、と最近の私は思う。

1号2号には勉強ももちろん大切だけど、こういう風に人を惹き付けるトーク力も身につけてもらいたいな。

 

 

ここで、魅力的な初老のおば様がこの間いいことを仰っていたので、ちょっとご紹介。

 

聖書の"コリントの信徒への第二の手紙"の中に

「だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。」
‭‭

ということが書いてあるらしいんどけど、要は

「人間歳をとると外見が衰えるのは当たり前。でも内面は何歳になってもずっと成長し続ける」

ということらしい。

だからこの素敵なおば様は

「アンチエイジングなんて必要ないわ。必要なのはナイスエイジング♪

歳をとればとるほど人間性を成長させられるから、歳をとるのはいつまで嬉しいわ♪」

なんですって。

そういうおばあ様はいつもニコニコして見ているだけでこちらも幸せになってくる。

 

それに比べて私は

シワが!白髪が!(゚д゚lll)

って毎日騒いでお恥ずかしい限り。

私も内面磨くよう精進します!